the voice of LOVE website

仙台最響ボーカルグループ the voice of LOVEの
オフィシャルウェブサイトです。

Profile

プロデューサー猪狩太志を中心に、2012年に結成された仙台最響ボーカルグループ。 

これまでに3枚のオリジナルCDをリリース。日本語のオリジナル楽曲を制作する数少ない

グループとして、全国のゴスペル団体から注目を集めている。

中でも、震災後に発刊された詩集「ありがとうの詩」に収録された詩に曲を提供した

「あなたがいたから」や、2013年から開催されている自転車レース「Tour de TOHOKU」

の公式イメージソング「明日へのペダル」、チャリティイベント「GOSPEL AID for KIDS」のために書き下ろした「La La La~きみをまってる」など、オリジナル楽曲のクオリティには定評がある。

ゴスペル界のビッグママこと亀渕友香氏との共演をはじめ、角松敏生氏、八神純子氏、クリス・ハート氏などとの共演経験を持つ。角松敏生氏は35周年コンサート(横浜アリーナ)をはじめ、5シーズン連続で共演するなど信頼が厚い。

また文化庁芸術家派遣事業の一環として、宮城県内の小中高校などでのアウトリーチ&ゴスペルコンサートを行うなど、教育の現場にも活動の場を広げている。

2019年には、3年ぶりとなる3rdアルバム「DIVE」をリリース。1/12には仙台darwinにてワンマンライブの成功を収めている。
2022年5月21日、結成10周年を迎えたその日に、Sing Like Talkingの佐藤竹善氏をゲストに招き、10周年記念コンサートを開催。満席の観客の前で、パフォーマンスを行なった。

猪狩太志(tenor)

the voice of LOVEのリーダーでプロデューサー。
幼少期からピアノを、中学生時代にギターと打楽器を習得。高校卒業と同時に上京。PAN School of MUSICにてボーカル、作曲法、レコーディングなどを学び卒業。卒業後は仙台に戻り、ボーカリストとしての活動はもちろん、在仙アーティストのプロデュースや、市民音楽祭のプロデュース、演劇・ドラマ・ CM等の音楽制作、ボイストレーナー、ゴスペルディレクター、音楽ワークショップのファシリテーター、ラジオパーソナリティ等、独自のスタイルで活動を続ける。
好きな音楽は80年代洋楽、AOR、Soul、R&B、JAZZ、LATINなどなど。
好きなものは、青色、蕎麦、コーヒー、美術館めぐり、映画、読書、温泉、落語。


ai☆(soprano)

山形県上山市出身のシンガーソングライター。
民謡を歌う祖父の影響を受けて幼い頃から様々なジャンルの歌に触れる。
日本語教師を目指し単身台湾に渡り、帰国後日テレ「歌スタ」に出演し芸能活動を開始。
盛岡市子ども科学館プラネタリウムソロコンサートや山形刑務所・山形県立中央病院・宮城県立がんセンターでの慰問ライブ、故郷上山日本の宿古窯ラウンジコンサート、太平洋フェリー船上コンサートなど幅広い場所でコンサートを行う。
現在FMたいはくにて自身の番組「ai☆的RADIO」(第2・4土曜日放送中)パーソナリティーとしても活動中。
DISCOGRAPHY/ Single CD「すき…」

Fumi(alto)

幼い頃から歌が大好きで、物心がついた時には中島みゆきや松任谷由実を歌っていた。高校時に合唱部へ入部したのを機に歌を本格的に始め、同じ頃に母との手話ソングユニット「ひー・ふーみ」での活動を開始。大学進学後も合唱サークル「米沢女子短期大学女声合唱団 dolce」を立ち上げるなどハーモニーが身近にある環境で過ごす。様々なジャンルの音楽から影響を受け、現在は「あなたに寄り添う歌」をモットーにソロ「Fumi」としての活動も行う。


千遥ベイベー(soprano,alto)

名取市出身在住『平成生まれ昭和歌謡育ちのシンガーソングライター』
バンド経験者である両親の元に生まれ、幼少期からミュージカル映画の影響でソウルミュージックに親しむ。小中学時代 数年にわたる不登校・ひきこもりを経験し、その間に昭和歌謡とギターに目覚める。高校からエレキギター担当としてバンド活動を始め、大学時代に弾き語り活動を開始。卒業と同時にグループに加入し、現在はメンバー命名の千遥ベイベーという愛称で親しまれている。影響を受けたアーティストは八神純子、山口百恵、宇崎竜童、Christina Aguilera

ひとみ(alto)

幼い頃から歌うことが好きで、よく窓を全開にして歌っていた。高校生の時、失恋し落ち込んでいる時に聴いたのが柴田淳の『後ろ姿』。その歌詞と歌声に感銘を受け、音楽の専門学校へ入学。友達や講師の勧めで様々な音楽に触れ、ソウルやR&Bのカッコ良さに惹かれ今のボーカルスタイルに繋がった。現在はグループとしての活動の他にソロとして仙台や山形でも活動中。ミヤギテレビやでん六豆のCMに出演。好きなアーティスト: 柴田淳、福原美穂、Mariah Carey、P!nk等


大宮貴志(tenor)

中学時代、姉の影響でBoAを聴き、大学時代にはONE OK ROCKのコピーバンドを組んでVoとしての活動開始。社会人になって音楽活動から遠ざかったが、仕事で様々なアーティストのLIVEに刺激を受け、音楽への気持ちが再熱し転職。音楽活動を再スタート。 
あるイベントで植木千遥と出会ったのがキッカケでオーディションを受けメンバーに加入。
~影響を受けたアーティスト~
ONE OK ROCK、9mm Parabellum Bullet
BoA、絢香、大知正紘、玉置浩二


瑛梨寿(soprano)

幼少期から歌とダンスのレッスンを重ね、子役事務所に所属。映画やTV.CMと並行し「魔法使いサリー」などのファミリーミュージカルをはじめ、13歳の時にはブロードウェイミュージカルに出演。高校進学後は仮歌シンガーや歌い手として活動。大学時は、声だけでハーモニーを作り出すアカペラの魅力に惹かれ、4年間没頭。全国大会優勝の結果を残す。作詞作曲、編曲についても学び、ソロでライブ活動も行う。就職を期に引退を決意するが、音楽への情熱を捨てきれず、仙台へ転勤後、グループの目指す姿や、リーダーの作る音楽に惚れ、オーディションを受験し、メンバーとしての活動を開始。好きなアーティストは小田和正と斉藤ヨルシカ。愛称はえりたん。


Nau(Soprano)

北海道北見市出身。
幼い頃から歌うことが大好きで、小学生の時に見たk-popアイドルに憧れ、韓国語・歌とダンスを学ぶ。
進学を機に仙台に移住。たくさんの人に韓国語の歌を知ってもらいたいと、カラオケ大会などに参加。数々の受賞歴を持つ。カラオケ大会にとどまらずライブハウスやライブBARなどでの活動を開始。voiceメンバーFumiに出会い、オーディションを経て加入。the voice of LOVEの活動と、韓国の魅力を伝えるソロ活動を並行して行なっている。
好きなアーティストはIU、2PM、EXID、VICTON、EPEXなど。

佐々木柊紀(Tenor)

岩手県滝沢市出身。
音楽専門学校に入学しヴォーカルコースを専攻。
授業で様々な音楽に触れ、
gospelならではの前向きなメッセージや皆で歌う楽しさに魅了され、卒業後グループでも歌いたいと思いオーディションを受けメンバーに加入。
現在も作曲をしながら音楽を勉強中。
影響を受けたアーティストは
シド 、Josh Groban、THE SOULMATICS